釣り仕掛けの結び方 クリンチノット 最初に覚えておきたい結び

糸の結び方

今回紹介するのは、サビキの仕掛け、スナップサルカンへの結びなど、仕掛けと遊びがなく結びたい場合に、結束力も高く、よく使われる結び方です。

絵を使って分かり易くしていますので是非ご活用下さい。

クリンチノットの結び方

動画でも公開していますのでご覧ください。

①スナップ等の仕掛けに糸を通します。

②通した糸を元の糸に巻き付けていきます。

③5回ほどぐるぐる巻きつけます。

④糸の先を巻き付け始めた方に戻して、巻き付け初めにできている輪に通します。

⑤糸を戻してきた時にできた輪の中に糸を通して巻き上げていきます。

最後締めあげる前に水で濡らす事をおすすめします。
ラインへの負担も減り結束力もあがります。

しっかり締め上げれば完成です。

クリンチノットは仕掛けと結び目の間に遊びを持たない結び方ですが、遊びを持たせる結び方にフリーノットという結び方があります。合わせて覚えておくと便利です。

こちらの記事で紹介していますので是非ご活用下さい。
釣り仕掛けの結び方 フリーノット 最初に覚えておきたい結び

コメント

タイトルとURLをコピーしました