釣り糸の簡単な結び方 エイトノット(8の字結び、チワワ結び、チチワ結び)がおすすめです

糸の結び方
釣り糸の結び方って難しい。
簡単な結び方なないかなぁ。

と、お探しの方に読んでもらいたい内容です。

そんなあなたにご紹介したいのは 『エイトノット』 (8の字結び、チワワ結び、チチワ結びとも呼ばれます)です。

簡単に結べますので、釣り初心者の方やお子さんが最初に覚える結びにもおすすめです。

楽太
楽太

僕も練習してできるようになったよ。

エイトノットはどんな時に使える?

エイトノットはいろんなものと接続が可能です。スナップやスイベルだけではなく、ルアーやラインなど幅広く使える結び方です。

エイトノットの結び方

結び方をイラストを使ってご紹介します。

①:糸を折り返します

折り返す糸の長さは20cmほどで十分です。


②:さらにもう半分に折り返します


③:折り返した糸の先端を元の糸(2本とも)にくぐらせます。


④:折り返した糸の先端を、折り返した時に出来た輪っかの間に通します。

この状態のとき、糸が8の字を書いているように見えますね。


⑤:糸の両側を引っ張って締め付けていきます。

ここで先端の輪っかの大きさを2~3㎝程(お好みの大きさ)に調整してください。


⑥:糸の両側を引っ張りぎゅーっと締め付けます。


⑦:完成!


釣り初心者の方に向けて、よく使う結び方もご紹介しています。ぜひこれらの記事も合わせてご確認ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました