サビキのコマセ入れで手を汚れ知らずにする方法 100均アイテムか捨てちゃうあいつをひと工夫しよう

サビキ釣り
サビキでカゴにコマセ入れるのに手が汚れて嫌だなー。
家族でサビキ釣り、コマセバケツ一個だと爆釣時にエサ入れ渋滞しちゃう。

こんな事をお考えの方に読んでもらいたい内容です。
こんな時に役立つアイテムを考えてみたので今回作った物をご紹介します。

サビキのコマセ入れをひと工夫で汚れ知らずにする方法

サビキのコマセ代表 冷凍アミエビブロック

トップの写真にあるように、いつもサビキ釣りで使ってます。アミエビブロックを使うのは集魚材とかもらってきた糠とかを混ぜ混ぜして、オリジナルコマセに仕立て、ボリュームUP&釣果UP&コスパもいいからです。こんな理由からだいたい冷凍ブロックを買って使ってます。

コマセをカゴに入れるのには専用の道具ですくって入れるんですが、気を付けても結構手が汚れてしまいます。今が地合いだぞっ!ってとき、急ぐので手はべとべと。更に子供にエサ入れ任せると、泥遊びしてるの?って思うほど悠長にカゴに詰めてくれます。

こういった、手が汚れたり時間がかかったりする事を解消したい!!

ここが発端です。

これらを解決するにはそもそもエサが入れにくい事がダメなんだという事は前々から思っていたので今回そこを改善できる物を作っていきます。

通常のコマセの詰め方

普通だと思っているんですが、今のエサの入れ方です。

ロケットカゴにこのスコップですくってコマセを入れます。
写真にあるカゴのうち ①小のカゴが下、②中のカゴで上す。

子供は①小カゴ、私は②中カゴをよく使ってます。それぞれみてみると、

①小のカゴはスコップが入らない事から手がコマセまみれになっちゃいます。

②中はスコップが入るのでそれなり!

特に①小カゴについての改善が必要。特に子供が簡単にエサ入れできるように!!

では、実際に考えたものをご紹介します。

100均アイテムで改善する

まずは・・・、

100均で置いてある袋詰めの砂糖などを入れるのに使うキャップがありす。これを使って作る!

『フタックル』何て名前で売られている商品です。

はい。ご想像取りかもしれませんが、これをコマセのカゴに入れる部分に使おうと思います。

蓋を開けるとこんな感じ。最近お手軽チューブタイプのコマセが出回ってますよねー。そこに追従する形です。

①小カゴで試す。
外径がほぼ同じだけど、それなりに使えそう。ただ、ちょっとずれると・・・コマセがはみでてきちゃいそう。

②中カゴも試す。
ぴったり!これは使えそうだ。スコップ使うより楽になるかも。

取り合えずこれで1品作っていく!!使うのは、みんな大好きZiploc!!
Ziplocはサイズが数種あるので、コマセの量に合う大きさを選べばもっと使い勝手がよくなります。

使い古しので全然構いません。(写真は見栄え用に新品です。)

これは簡単!

Ziplocの先っちょをちょっと切ってはめるだけで完成!!

後はジップの部分からコマセを入れて、カゴに入れる時は袋をブチュッ!!っとするだけです。

では肝心な小カゴをどうするか考えていきます。

捨てちゃうチューブで改善する

準備するのは、使い終わった薬味の抜け殻。

さっきと大きく違うのはあちらはキャップがネジ式。こちらはキャップがワンタッチ式!

だけじゃなくて、この穴の大きさ。

こちらの方が小さい⇒①小カゴにも使える!

穴のハチの巣みたいな部分企業努力の結晶・・・だと思われますが、今回は穴を小さくし過ぎて邪魔になりそうだ。(申し訳ありません)

内側から引っ張れば取れました!

容器については・・・。

  • 容量が少なすぎ
  • コマセを詰め込むのが大変

⇒使える代物ではない!
ので、パッカンします。

どの位置でカットがいいか・・・先端部分を使おう。

パッカンと切ったら中から袋が飛び出した!!

これも今回は不要だろうと企業努力の抜け殻を除去。(ホント申し訳ございません)

そしたらZiplocの先端部分も容器の口が収まるようカット!

隙間を埋めたいので接着剤を流し込んだ。

この接着剤、ナイロン・ビニールは接着出来ない物に含まれていた。。。

大好きなガムテープで補填!!

み、見栄え・・・!!(また改善します。)

節分の鬼の面に使えそう。

2in1完成しました!!
見栄えはさておき、なかなかいい物ができたなぁ。と思ってます。

これでコマセを入れる際の手の汚れと時間も軽減!楽しく釣りをしましょう。

DIY好きな方はこちらの記事もご参考に。サビキで使える小物を作ってみました。
サビキで使う魚のオトリを捨てちゃうあいつでDIYすればコスパ最高です

コメント

タイトルとURLをコピーしました