釣り針の結び方 外掛け結び 最初に覚えておきたい結び

糸の結び方

今回紹介するのは、釣り針と釣り糸の結びでよく使われる結び方です。結束力も高く色んな針で使えますので最初に覚えておく事をおすすめします。

絵を使って分かり易く解説していますので是非ご活用下さい。

外掛け結びの結び方

動画でも公開していますのでご覧ください。

①:図のよう針の頭の方で糸を折り返します。

②:糸の先端側を持って針とメインライン側の糸を合わせてくるっと巻き込みます。

③:そのまま針の根本に向かってクルクルと巻いた糸がきれいになあr舞踊に巻いていきます。

④:5回程巻きます。

⑤:最初に折り返した時に出来た輪の部分に糸の先端を通します。

⑥:糸の両端を持って軽く締め込みます。

⑦:針の根本の方に糸を寄せます。

⑧:結び目を湿らせてギュッと締め込みます。

⑨:余った糸をハサミで切れば完成です。

最後締めあげる前には水で濡らす事をおすすめします。
ラインへの負担も減り結束力もあがります。

外掛け結びの結び方はここまでです。

釣り初心者の方に向けて、針との結び以外でよく使う結び方もご紹介しています。ぜひこれらの記事も合わせてご確認ください。

仕掛けとの結び方
釣り仕掛けの結び方 クリンチノット
釣り仕掛けの結び方 フリーノット

糸と糸の結び方
釣り糸の結び方 電車結び

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました