サビキ釣り 子供の仕掛けはひと工夫でトラブル減少・扱いやすさも向上します

サビキ釣り
子供のサビキ仕掛けって大人と同じ物でいいのかなぁ?
仕掛けが長くて扱いにくそうなんだけど。

こんな疑問をお持ちの方に読んでもらいたい内容です。
特にお子さんがまだ小さいと気になってくる点です。

結論から言うと

目にかけていれば大人と同じでも釣りをするにあたっての問題はありません。

しかし・・・、

ひと工夫を加えるだけで、

トラブル減少!扱いやすさアップ!!

結果的に、ひと工夫した方が楽しい釣り時間を過ごせます。

今回はこの内容について記載していきます。

サビキ仕掛けのトラブルの原因

大人でもサビキ仕掛けを使った時によくあるトラブルは

  • 仕掛けが絡まる
  • 仕掛けが引っかかる

この2点がかなりの割合を占めます。

慣れないお子さんが釣りをすると尚更トラブルが多発!何て事も多いでしょう。

針が他の針や糸に絡まってぐちゃぐちゃに絡まって解けない!
針が靴や服にひっかかって取れない!

トラブルを引き起こす原因は仕掛けの『針の数と長さ』。このトラブルの原因を取り除けばいいんです。

針と糸取り除いたら釣りじゃなくなる!!

ごもっとも。
なので

ひと工夫とは、適度な針の数と仕掛けの長さにする!
という事なんです。

仕掛のひと工夫でトラブル減少・扱いやすさもアップ

簡単にできるトラブル対策をご紹介します。

市販サビキ仕掛けの長さ

市販で堤防などのサビキ仕掛けは6本針の物が多いです。

私と子供がよく使ってるタカミヤのミックスサビキ
6本針で仕掛の長さは針~6号までで140cmとちょっと長いんですよね。

子供の背の高さよりも長い。

子供は乱雑に動かすから仕掛けが絡まる事や引っかける事も多くなります。更に子供の視野は狭いと言われているのでなるべく目線の高さくらいまでに収まる仕掛の長さにしたい。

だからまずは、そんな仕掛を探してみる!!

仕掛けの長さが短い商品

市販品で全長が短い商品も売っています。

  • 仕掛けの長さ:70cm~100cm
  • 仕掛針の数:3本~5本

これらをご紹介します。

全長1.0m 針数5本 

全長0.7m 針数3 *2セット

全長1.0m 針数5本 

全長0.8m 針数3 *2セット

ただ、種類が少ないです。いつも使ってるような仕掛で何とかしたいなぁ。という事で次の話になっていきます。

市販のサビキ仕掛けにひと工夫加える

6本針のしかけでも、ちょっとひと工夫、手を加えれば短めのサビキ仕掛けにすることができます。

仕掛を途中で切ってサルカンに結びなおす!

これだけです。

針の数を減らして、全長も短くできます。

例えば、長さ140cm、6本針の仕掛を使った場合、図で簡単に示すと下のような感じ。

  • 長さ140cmの仕掛を4本目の針の下でカット
  • サルカンに結びつける

わずか2工程で長さ100cm、4本針の仕掛が完成!

サルカンはそうそう壊れないので以前使った仕掛けの物をいくつか取っておけば再利用できて便利です。

残りの2つの針仕掛けは次の機会、またカットして残った2本の針仕掛けと電車結びで結べば使えます。

電車結びの結び方が分からない方は『釣り糸の結び方 電車結び 最初に覚えておきたい結び』でご紹介していますのでご覧ください。

2つの仕掛けを結んで組み合わせると・・・

ほんとにミックスサビキですね!

切る位置は仕掛けの長さをいくつにしたいかで決めればOKです。

70cmにしたければ半分の3本で切る。

といった感じです。

簡単なひと工夫、

  • 仕掛けの長さを短くする
  • 針の数を減らす

これだけでぐっとトラブルも減って扱いやすくなりますので、ぜひお試しください。

手間をかけてもいい人には自作サビキ仕掛けがおすすめ

どうせやるならとことん!

という方には仕掛けを自分で作ることをおすすめします。

  • 糸の太さ・長さ
  • 針の種類・大きさ・数
  • 装飾の種類

これら自分の好みに合わせて作れます。

初期費用から作り方まで2つの記事にまとめていますので興味持たれた方はぜひご覧ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました